「セレック」保険診療で小臼歯も白い歯に

これまで、保険診療では、小臼歯は「銀歯」が適応でした。
銀歯は細菌が付着しやすく、金属アレルギーの原因にもなります。
何より、笑った時に目立ちます。

2014年4月より、白い差し歯が保険適応になり、この度、当院でも、セラミックを3Dで削り出して被せ物を作製する「セレック」を導入しました。

待合室の奥、診療室の入口に、ミリングマシンが設置してあります。
詳しくは、スタッフまでお尋ね下さい。

DSC07720 DSC07721